スマホ手袋 crowfoot

クロウフットWORK
WORK

クロウフット -WORK-

ハードにカジュアルに使える極厚スマホ軍手。
厚手のスマホ手袋を作るため、普通の軍手の編み機を使いました。
ベストなパフォーマンスを得るために、編み目の隙間を限界まで
詰める。そのための編成時間と導電糸を惜しまない。
結果出来上がった製品は、手袋として十分な防寒性、軍手とは比較
にならない耐久性、そして抜群のタッチパネル反応でした。
この分厚さで文字入力も楽々できる、驚きの手袋になりました。

手袋全体に編み込まれているのは、静電気帯電抑制素材となる国産
の導電糸クラカーボ(R)。
金属系導電糸を使用していないので、体温を放熱し手を冷やすこと
もありません。

手のひら側には、最もガジェットを握りやすい部分にスベリ止めを
付けました。偶然か必然かカラス(crow)の足(foot)になりました。

945円
amazone

クロウフットHIKE
HIKE

クロウフット -HIKE-

現在の市場に多いニット製のスマートフォン用手袋は、
操作性を優先するあまり薄手のものが多く、
本来の手袋の用途を果たしていない(手が温まらない)もの、
高額な割にワンシーズン保たないものが多々あります。

クロウフット -HIKE- は、防寒手袋の存在意義を追求しました。
極寒の中クロスバイクに乗っていてもデバイスを操作できること。
持ち歩いても邪魔にならない、いつでも携帯できること。
何シーズンも大事にお使いいただけること。

2,310円
amazone 楽天

クロウフットRINGO
RINGO

クロウフット -RINGO-

素手よりも操作しやすいという、まさにタッチパネル用手袋。
超ハイゲージにより、驚きのフィット感を実現しました。
その伸縮性は、手の小さな女性から手の大きな男性まで、着用され
る方の手に幅広くフィットするユニセックスサイズとなります。

親指・人差し指・中指の指先には、宇宙ステーションでも使用された、
抗菌作用のある銅繊維を編み、タッチパネルの操作を可能にしています。

寒冷地での防寒使用は厳しいですが、関東以南での徒歩使用では
十分防寒性を発揮する厚さです。

手のひら側のグリップは、トラディショナルな冬をイメージする
ノルディックパターンになっています。

840円
amazone

TOPに戻る